親の通院介助

京都伏見六地蔵の結婚相談所「京これから」です。

先日、親の通院介助をしました。

朝一番からの検査ですが、病院の駐車場に入れなくなるので、

かなり早めに行かなければなりません。

母親は、目がほとんど見えなくて、認知症で歩行器が必要なので、

電車で連れていくことは難しく、いつも車で連れて行かなくてはなりません。

病院に行くと思いますが、病気の人が多いなと思います。

私以外にも、親を連れてきている女性がいました。

40代~50代前半ぐらいの方でしたが、結婚されているのかはわかりませんでしたが、

大変だなと思います。

私も、親の介護しながら婚活して、結婚へ結び付きましたが・・・かなり大変でした・・・。

結婚したくても、介護があると中々難しいのが現実です。

時間的にも、精神的にも・・・そして、介護が必要な場合は、相手が嫌がるのが現実です。

しかし、親が亡くなっていなければ、いつか介護をしなければいけない日は来ます。

お互い様なんですから、介護も夫婦で協力してやることが大切です。

両方の親が、同じ時期に介護になると大変ですが、次期が違えば、それぞれの介護に二人で

取り組めば一人にかかる負担は減ります。

そして、なにより介護で辛い時に、パートナーの存在が精神的支えになります。

私は、結婚せず独身で介護をしている状況だったら、精神的に今まで持たなかったと・・

思います。

生きているのが嫌になって・・・精神崩壊していたかもしれません・・・。

アラフォー世代で、親が60代、70代で元気な方・・・今は、いつまでも続きません。

親に、家事をしてもらい、実家で経済的にも家賃も要らなくて、時間に余裕がある方は、

親の介護が必要になれば、生活が一変します。

結婚だけが、人生ではありませんが、一度は結婚してみるのもいいかと思います。

仕事で大変だと思われている方、親の介護が始まれば仕事どころでなくなります。

友人、知人の前では、独身が気楽でいいと言われている方がいます・・・が、それは、

本心ですか?

本心は、素敵なパートナーと結婚し互いに支えあって人生を歩んで行きたい。と思っている

んじゃないですか?

人生の中で、3年間ぐらいの期間を婚活にあててみませんか。

それ以上の期間は、しばらく休養してから(半年ぐらい)別の相談所で婚活して下さい。

婚活は、正しい行動が大事です。

あなたは、一人ではありません。

私があなたをサポートします。

最後に大切な3つのことを伝えます。

 自分が行動を開始しないと何も始まらない

時間は進んでいて、現状は、いつまでも続かない

何もやらないで後悔するより、やるだけやって納得しよう

特集記事
最近の記事
過去の記事
タグを探す
まだタグはありません。
フォローする
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
結婚相談所 京これから